充実感テスト(ストレス度チェック)


  • まず、あなたは、どの程度、ストレスを感じているかをテストしてみましょう。
  •  この後、性格分析テストで、自分の性格を見ていただきたいのですが、性格は、必ず、充実感テストと一緒に見ていく必要があります。充実感テストが悪いときは、性格の短所がでています。自滅のシナリオの中にいる可能性があります。ですから、充実感テストが悪い時の注意点は、「大事なことを決めない」ことです。

    人生の大事なことを決めてはいけない時

     物の時代から急速に心の時代になりました。しかし心の時代の生き方は皆無です。心を取りあつかう方法を持たないで生きることは、あまりにも辛い時代です。そのために無用な苦しみが起こっています。特に大事なことを決める時には深刻な事態が起こり得ます。
  •  充実感が低下している時に、大事なことを決めるというのは、「決めてはいけない時に、決めてはいけないことを決める」、という最悪の結果になります。大事なことというのは、仕事を辞めるあるいは転職する、結婚するあるいは離婚する、ひどい時には、人生をやめるというようなことです。
  •  性格は、どんな人でも、充実感が高い時には、長所が出ていますので問題は起こりません。しかし、充実感が下がると、どんな性格の人であっても、短所が出ます。短所のことを自滅のシナリオと呼んでいますが、自滅のシナリオに飲み込まれます。また、充実感が高い時には、客観的に判断することができますが、充実感が低下してくると客観性を失います。
  •  ということで、「充実感が低下している時には、決して大事なことは決めない。大事なことは、充実感が高くなってから決める」ということを、人生の危機管理の能力として身につけていただきたいと申し上げています。
  •  しかし、実際には大変難しいです。充実感が低下して、不安と不満と傷ついた自分で一杯の時に、そのような大事なことを決めれば、自滅のシナリオになることは明らかですが、自分ではわからないことが多いからです。  
  •  一つには、自滅のシナリオの時には、パニックになっているので、分かりません。もう一つ大事なことは、最近は、激しい苦痛というよりかは、疲れ切って、無気力、無感動化している人が多くなっています。人生がもうどうなっても良いという投げやりの状態の人もいます。この時は、本当に、自分が、自滅のシナリオにあるということが分かりません。
  •  そのために、充実感を数値化して見るということが、とても大事だということを理解していただきたいのです。人生の危機管理を必要としている人が多くなっていると、日常痛感しています。

     では、充実感を高めるには、どうすれば良いのかということですが、緊急時になってから、急に充実感を上げることできません。日頃から、充実感を高めることを、トレーニングとして続けていることが絶対に必要です。自分発見の心身医学はそのトレーニングを身につけるための心身医学です。
  • それでは、次に、性格分析をして、自分の性格のタイプと、長所と短所(自滅のシナリオ)をみてみましょう。