心の時間軸

  • 心の問題を考えるときは、必ず「時間軸」で考えて下さい。私達は膨大な過去を持っています。過去は現在を支配しています。現在といっても過去です。将来は、過去に経験したことや学んだことで想像していますので、やはり過去です。現在を取り戻し、未来を育てなければ、人生が過去の延長で終わります。
  • 心の時代に入ってきました。しかし、物を扱う能力は高度に持っていますが、心を扱う能力は皆無です。物と心は全く違います。物は物理の法則で動きますが、心は過去によって支配されています。また物を扱う能力は競争によってでも得られますが、心は競争によって壊れます。特に子供達は壊れていきます。
  • 私達は自分の過去だけではなく、文化や歴史という人間の過去にも根強く支配されています。どんなに考えても、この過去の繰り返しに過ぎません。しかも1個の細胞も小宇宙です。人間の哲学で迫れる世界ではありません。この過去から出て、本当の世界を見るためには、丹田呼吸法によるゼロ体験が必須です。
  • 心の問題の解決には、心の時間軸と人間の存在形態の2つの理解と実感が必須です。過去が現在を支配し、過去が将来を作っているので、そのままでは過去だけの人生になることと、人間は大きな生命の世界の中で医学的に生かされていて、衣食住と身の安全を得るために社会を営んでいる存在であることです。
  • 物の時間は、時計の針の時間で、過去、現在、未来へと流れます。心の時間は、過去が現在を支配し、過去が未来を作っていますので、過去が続きます。過去の悩み苦しみ傷つけられた自我の痛みは、そのまま続きます。現在を生きるためにはゼロ体験が必要です。丹田呼吸法があることがとても嬉しいのです。
  • 「過去が現在を支配し未来を作っている」、これが心の時間軸です。現在や未来と言っても過去です。知らなければ無用な苦しみに陥ります。未来に絶望しているのではないのです。過去は性格と社会的存在価値に縛られています。その過去から想像した未来に絶望しているのです。本当の未来ではありません。
  • 過去が、現在を支配し未来を作っています。ゼロ体験をしなければ、過去から出られません。同じ嘆きが延々と続きます。ゼロ体験の素晴らしい方法が、頭をカラッポにする丹田呼吸法です。ただ正しく行わないと副作用さえ起します。理論から学びましょう。
  • 「過去が、現在を支配し未来を作っている」、心の時間軸です。過去の殆どは性格です。つまり「性格が、現在を支配し未来を作っている」のです。性格は、小さい時の親との関係で殆ど作られます。性格分析を知らなければ、性格どおりに行動し自滅のシナリオどおりに自滅します。性格分析を学びましょう。
  • 「過去が現在を支配し、未来を作っている(心の時間軸)」を理解して下さい。過去や性格から自由になるにはゼロ体験が必須です。丹田呼吸法があることが嬉しいです。今日も、頭をカラッポにする丹田呼吸法の実習をしましょう。毎日繰り返しましょう。
  • 心の時間軸の理解は必須です。私達は過去の体験や学んだことで、現在を生きています。さらに未来を予測しています。過去の不安は、虚像に過ぎませんが、何もしなければ不安で人生が終わります。頭カラッポの丹田呼吸法でゼロ体験をして、現在を奪還し、生かされてる医学的事実の世界で、未来を育てましょう。
  • どんなに苦しんでも、過去で考えている以上、現在も未来も、過去の延長線上です。不安と不満と傷ついた過去の自分の集積が、反応しています。解決は、性格分析で過去の問題点を徹底的に明らかにした上で、丹田呼吸法によるゼロ体験で現在を奪還し、生かされてる医学的事実の世界で未来を見ることです。
  • 心の世界では、過去が、現在を支配し未来を作っています。頭でどんなに考えても、過去の繰り返しです。生き生きとした自分を実感し、ふとした優しさの自分を生きたい人にとって、丹田呼吸法はこの上もない素晴らしい方法です。今日も練習しましょう。
  • 「過去が現在を支配し未来を作っている」、これが心の時間軸です。現在や未来と言っても過去です。知らなければ無用な苦しみに陥ります。未来に絶望しているのではないのです。過去は性格と社会的存在価値に縛られています。その過去から想像した未来に絶望しているのです。本当の未来ではありません。
  • 頭をカラッポにする丹田呼吸法は極めて重要です。ゼロ体験なしには、過去から自由になれないからです。過去が現在を支配し、過去が未来を作ります。すべて過去です。現在を奪還し現在を生きるためには、ゼロ体験が必須です。歩いている時も、仕事をしている時も、話をしている時も、丹田に載っていますか?
  • 過去から自由にさえなれれば、何もなくても、本当の自分を実感できます。 かぎりなく優しい心身医学の4つの方法で、それが可能です。頭をカラッポにする丹田呼吸法、生かされてる医学的事実、現代人の心の分析法 ( 性格分析、新型ストレス、自分分析 )、心身医学です。 心身医学は難しくありません。http://www.yuf.jp/psm/ を読むだけで理解できます。心身医学を理解すると、世界が違って見えてきます。是非、学んで下さい。
  • 「頭ではわかっているのにできない。」と言いますが、できないのは心の時間軸を理解していないからです。過去は現在を支配し未来を作っています。過去から自由にならない限り同じことが続きます。過去は感情です。頭で理解しても役に立たないのです。毎日、実習用の丹田呼吸法でゼロ体験を続けましょう。
  • 虚無に陥いっている人がいます。「人生に意味がない。希望など何もない。」と苦しんでいる人がいます。それは本当の虚無でしょうか? 未来は過去によって推測したものです。過去が暗ければ、暗い過去から見た未来に希望がなくても当然です。 私たちは大きな生命の世界の中で医学的・科学的に生かされて、衣食住のために社会を営んでいる存在です。社会はご飯を得るために人間が営んでいるものに過ぎません。人間の本当の存在価値を問うのなら、私たちを創り生かしてくている大きな生命の世界に向かって問わなければなりません。人間がご飯のために作った社会に、人生の意味が見つからなくても当然です。絶望する必要はありません。
  • 私たちは、古くて厚い衣装を沢山着込んでいます。性格です。性格によって過去に支配されています。過去からは、容易には自由になることはできません。何もしなければ、性格のままで人生が終わります。方法が必要です。頭をカラッポにする丹田呼吸法と生かされてる医学的事実の世界です。性格から自由になれば、大きな生命の世界の中で医学的に生かされていて、すでに本当の自分です。 本当の自分と性格とは違います。人間は白紙の状態で生まれてきます。性格は作られたものです。特に、小さい時の親との関係でできています。小さな時の親との関係でできた性格は、骨の髄まで入っていて、まさに古くて厚い衣装になっています。 性格について書かれた本や研究はたくさんありますので、性格について知るだけなら、生かされてる医学は必要ないかもしれません。生かされてる医学が本当に必要なのか、必要だとすれば、それはどの点なのか。生かされてる医学サポート倶楽部では、そのようなことを学んでいただいています。
  • 過去の支配と影響から現在を奪還するためには、頭をカラッポにすることです。その素晴らしい方法が丹田呼吸法です。ただ、過去は性格という形で自分を縛っています。縛りのままで丹田呼吸法をしても、切り捨てを強化するだけで逆効果です。性格分析でその縛りを明らかにしながら、丹田呼吸法をします。
  • 性格は過去です。人間は生まれた時は白紙です。性格は小さい時に親との関係で作られます。充実感が高い時には長所が出るので良いのですが、低下した時には、短所(自滅のシナリオ)がでます。客観性も失い自滅のシナリオに振り回され、過去そのものになります。現在と言っても過去を生きているのです。
  • 丹田呼吸法と性格分析で、過去から現在を奪還します。でも、未来は過去のままです。生きる希望は見えません。未来を育てなければなりません。その方法が、生かされてる医学的事実の理解です。大きな生命の世界からくる存在価値を知る必要があります。
  • 「将来に、希望や生きる意味を見いだせない。」と苦しみ、人生を終わらせたいと思う人もいます。しかし、未来は、過去です。過去の経験から想像しているものです。性格や、社会的存在として行き詰っただけかもしれません。生かされてる医学的事実の世界を知ってから、考えて欲しいと願っています。