生かされてる医学


  • 自分を抑えて、「他人の山」を登り、社会適応をしても、
    ストレス一杯で、健康も能力も、失ってしまう社会になりました。

    自分の山」を登って、充実感と、健康と個性的な能力があり、
    自分だけではなく、周りの人も、幸せになれるという
    「心の時代」の生き方を、めざしましょう。

  • ただ、「自分の山」を、登るためには、
    「あなたは、自分の価値を何で決めていますか?」という問いに、
    答えなければなりません。

    自分の価値を、世間の評価で、決めている限り、
    「他人の山」を登ることで、人生が、終わります。

    一方、「自分の価値は、自分で決める」と言ってみても、
    「我が強い」だけで、孤立と、孤独の中で、自滅します。

    生かされてるのは医学的事実!

  • それが理解できれば、後は、医学的に、
    かぎりなく優しいYu(ユー)、について学びましょう。

    世間体からの自由、人間関係からの自由、性格からの自由、
    過去からの自由、孤独からの自由、病気からの自由、
    老いと死からの自由という7つの自由が得られます。

    自分を生きて、社会適応も、できる生き方、
    本当の自分を生きて周りの人も幸せになる
    心の時代の生き方をめざしましょう。

 

  •  
  •  上記の文章で、初めてホームページを作ったのが、20年前になります。生かされてる医学という言葉を使い始めてからでは、30年以上になります。私としては、納得いく医学をしたいという一心の思いでしたが、当時は、変わった医者という程度でしかなかったと思います。

     ただ近年、時代は急速に行き詰まりを顕わにし始め、自分の問題も、子供たちの問題も行き詰まり、解決策が見えない状況になってきています。

     物の時代は、物の有る無しが幸せの判断基準でした。心の時代は、自分を生きれるかどうかが幸せの判断基準です。物質的に豊かになり、比較的自由な社会になりました。自分を生きたい自分は、大きく成長してきました。

  •  しかし、社会適応しなければ、ご飯は食べられません。この葛藤が非常に目立つようになりました。「自分を生きたい自分」と「社会適応しようとする自分」との葛藤によって起こる現代人に特徴的なストレスです。この葛藤は終わることなく続き、無気力・無感動化が進みます。新型ストレスと呼んでいます。

     ひどくなれば、大人ではうつ病になり、子供たちでは、ニート・ひきこもり・不登校になります。社会的存在価値しか知らないことが、新型ストレスを悪化させる原因になっています。

     生かされてる医学の必要性を日々実感しています。社会的存在価値しかない時代の中にあっては、どんなに迷っても、どんなに疑問や違和感を感じても、社会的存在価値しか選択肢がありません。少なくとも、人生の選択肢の一つしての可能性のお話をさせていただきたいという思いです。
  •  生かされてる医学は、生かされてる医学的事実のみを原点とした、心の時代の心身医学です。私のライフワークです。特に、新型ストレスの根本療法を行っています。

     以下の項目をご覧ください。短い文章を数多く書いています。重複するところが多々ありますが、それなりに意味がありますので、少し我慢して読んでください。